products製品

白神硝子の製品

沈む夕日は海を赤く染め、よく晴れた風の穏やかな日には空の色を映す―。青森県の西部に位置し、日本海側に面している深浦町は、多種多様な動植物が育む豊かな自然があふれています。

白神ガラス工房では、この自然が生み出す色彩をテーマにした製品や、青森県の伝統工芸品であるこぎん刺しをテーマにしたテーブルウェアや花器などの製品を展開しています。

こぎん硝子

青森県津軽地方の伝統工芸、津軽こぎん刺し。津軽こぎん刺しの模様には一つ一つ名前が付けられており、 豆こ、テコナコ(蝶)・馬の轡。井戸枠・田の畔など青森独自の風土・自然の中から生まれています。その小さな模様から津軽地方の生活の営みの中の小さな喜びや豊かな眼差しを感じることができます。

数多くある津軽こぎん刺し模様の中から弘前こぎん研究所の協力のもと、白神硝子オリジナルのこぎん刺し模様の入った「こぎん硝子」が生まれました。 ほのかに透き通る刺し子は模様はガラスならではの模様です。

こぎん硝子・グラス
こぎん硝子・テーブルウェア(平皿)
こぎん硝子・グラス、箸置き

こぎん刺しの模様

こぎん刺し 石畳(いしだたみ) 石畳
こぎん刺し ウロコ うろこ
こぎん刺し はなこ はなこ
こぎん刺し 四季 四季
石畳

津軽こぎん刺しの図案の中には井桁や石畳など街中や生活の営みの風景や文化の歴史を想わせるような図案があります。 青森では、夜にきれいな星を眺めることができる場所が多くあります。その天然の闇夜の美しさと文化が育んだ石畳、静かな夜に灯る小さな営みの光を紺色と図案に込めました。

はなこ

津軽の方言では愛らしいものやかわいらしいものの語尾に“こ”をつけます。津軽こぎん刺しの図案には特にはなこの図案が多くあります。 その数の多さからも冬の厳しさをしのぎ、春を待ちわびる思いを感じます。 雪の結晶にも似たこの図案を選び厳しい冬の中で感じる雪の美しさを花に見立てた模様です。

うろこ

青森の豊かな海で育まれる生命のいきいきとした様子を感じる2種類のうろこの図案を組み合わせた模様、色は海を思わせる藍色。

四季

白神山地の魅力の一つとして四季折々の美しさがあります。四季の移ろいや流れを刺し子の模様で表現しました。

白神硝子の製品

こぎん硝子 グラス

こぎん硝子 巾着・コースターセット
ほのかに透き通る刺し子は模様はガラスならではの模様
こぎん硝子・グラス
グラスのこぎん刺し模様がこぎん刺しのコースターによく映えます
こぎん硝子 サンドブラスト
こぎん硝子の石畳・はなこ・うろこ・はそれぞれの模様に合わせた図案を側面にサンドブラストで刻んでいます

こぎん硝子 ロックグラス

こぎん硝子 ロックグラス
白神ガラス ロックグラス
こぎん刺し模様 ロックグラス

こぎん硝子 中鉢・小鉢

こぎん硝子 中鉢・小鉢
白神硝子(こぎん硝子)ボウル
こぎん硝子・ボウル 使用イメージ

こぎん硝子 平皿

こぎん硝子 テーブルセット 津軽塗
こぎん硝子 平皿(小)
こぎん硝子 平皿(大・小)

こぎん硝子 花器

こぎん硝子・花器
こぎん硝子・花器 使用イメージ
花器(白神硝子)

こぎん硝子・箸置き
こぎん硝子 箸置き
こぎん硝子 徳利・ぐいのみ
こぎん硝子 徳利・ぐいのみ
徳利・ぐいのみ(白神硝子)
こぎん硝子 徳利・ぐいのみ

白神山地 風景の色見本

深浦町は青森県の西部に位置し日本海側に面しています。 沈む夕日は海を赤く染め、よく晴れた風の穏やかな日には空の色を映します。 また十二湖の神秘的な色彩は多くの人々を魅了します。

白神ガラス工房では体験や制作の過程で出てしまう廃材を工房オリジナルの色ガラスとしてリサイクルしています。 6色の色は白神山地の刻々と流れる時間の中で変わり続ける色彩を手本に制作しています。

白神 ゆらめき グラス(ショート)
ゆらめき グラス(ショート)
白神 ゆらめき グラス(ロング)
ゆらめき グラス(ロング)
ゆらめき 花器
ゆらめき 花器
ゆらめき ボウル(大・小)
ゆらめき ボウル(大・小)
泡 ぐいのみ(白神ガラス)
泡 ぐいのみ
泡 ロックグラス(白神ガラス)
泡 ロックグラス

コンセプト

白神硝子 コンセプト

ガラス工房について

白神硝子 ガラス工房について

白神山地について

白神硝子 白神山地について